OFFLINE

同人誌について

『楽園に還れ』シリーズの冊子版を個人出版しています。
コミティアなどの同人誌即売会、通販(不定期受付)などで購入可能です。

イベント参加予定

サークル『Paper Stage(ペーパーステイジ)』で、オリジナルジャンルで同人誌即売会に参加しています。

次回イベント参加:未定

通信販売

即売会に参加した前後に、メロンブックスさん、BOOTHさんの倉庫などを利用して不定期に通販をしています。

BOOTH

手数料&送料の分やや割高になってしまいますが、遠方でイベントに足を運ぶのがむずかしい方はご利用ください。
ただいま、一部のDL販売を除いて受付停止中です。

※受付時期は不定期なので、開始する際にはTwitterなどでアナウンスをします。

発行物リスト

NEW幻影に望め 2

B5/40P/400円 2018年11月25日発行

思い出せない記憶、肝心なことは何も語ろうとしないマオラ。

そして、そのマオラと対立する青年・ツェルテ。

そんな周囲の事象を気にしつつ「その日その日を生きていく」という身近な課題もこなさなければならない虹瑠たちだったが、雇われ先の繁盛を願ってはじめたアイディアが思いもよらない事態に…?

架空の世界を舞台としたシリーズ漫画、『楽園に還れ』第3章の、2話目です。

幻影に望め 1

B5/44P/400円 2015年12月31日発行

「キミたちは、遠い昔に生きた人々の姿と記憶を持っている」

謎の猫耳の子ども・マオラに、衝撃の事実を告げられてから数週間。虹瑠たちは、マオラが会って欲しいと望む人の元へ旅立っ………たりはせず、まだ街にいた。

そんな「僕」たちに、業を煮やしたマオラは…?

架空の世界を舞台としたシリーズ漫画、『楽園に還れ』第3章1話目。

時間軸的に、1章の続きのお話です。

永遠に続け 6

B5/92P/600円 2018年5月5日発行

共に時を過ごし、歩みを重ねて、約10年…ついに、『契約』が終わるときがきた。

伝言役のフクロウが伝えた、西の支配者から指定された待ち合わせ場所へと向かう二人だったが、そこに意外な存在が立ちふさがる。

無所属の流浪の魔術師・星亜。

地下人体実験をしていた虎白郡の太守・砒削。

星亜の友人にして紅檎郡の太守・彩緋。

そして、真の思惑を隠したまま二人に同行を命じた、西の支配者・慧畄瑳。

すべての点と点とが重なり合うところで、何が起こるのか。

架空の世界を舞台としたシリーズ漫画、『楽園に還れ』第2章。完結巻です。

永遠に続け 5

B5/40P/400円 2017年11月23日発行

「彩緋に見せたかった場所へ行こう」という釐於子の提案に応えるかたちで、北へと向かってから数年。

あれから少しずつ、互いに歩み寄っていった二人は、西の支配者…慧畄瑳からもらった許可証を片手に各地を巡っていた。彼女が密かに抱いていた思惑は知らないまま。

『契約』が終わるまでは、約10年。

いずれは確実に、その制限時間が近づいてくるのだが…?

架空の世界を舞台としたシリーズ漫画、『楽園に還れ』第2章の、5話目です。

永遠に続け 4

B5/68P/600円 2016年12月31日発行

なにもかもが正反対すぎて時に反発しあいながらも、共に過ごして、街から街へと移動を繰り返し続けて数ヶ月。

『祭』の準備で華やかに飾り付けられ、喧騒が増しゆく街の様子とは裏腹に、星亜の心中は穏やかではなかった。

祭事で讃えられ、語られている『王国』の成り立ちに潜む影。

自分が好奇心からその暗部に触れたことで、友人が辿った末路。

救いたくて奔走した、その結果。

一人で抱え続けるには重すぎる、その過去を知ってしまった釐於子は…?

架空の世界を舞台としたシリーズ漫画、『楽園に還れ』第2章の、4話目です。

永遠に続け 3

B5/40P/400円 2016年8月14日発行

太守・砒削の横暴から逃れ、隣の街まで逃亡した二人は、西方の地を収める『支配者』に出会う。

王国に無断で『契約』を結んだ二人を咎めることなく、解放する条件は、『契約』が切れるまでの間、釐於子が星亜に同行して様子を監視・報告すること。

成り行きから一緒に旅をすることになった二人と一羽。

一方、釐於子と行動を共にすることになったのがきっかけで、星亜はかつての友人のことを思い出していた。

架空の世界を舞台としたシリーズ漫画、『楽園に還れ』第2章の、3話目です。

永遠に続け 2

B5/36P/400円 2015年8月16日発行

行方不明になった同僚の情報を追って、街を治める太守の館へと招かれた警備兵の青年・釐於子。

彼を待ち受けていたのは、変わり果てた同僚と、高みからそれを眺める人物…街を治めるはずの、太守の姿だった。

架空の世界を舞台としたシリーズ漫画、『楽園に還れ』第2章の、2話目です。

永遠に続け 1

B5/32P/400円 2014年12月30日発行

はるか昔。人が、老いも渇きも知らず、寿命も持たず、永遠の存在だった頃。

全土を統治するただひとつの「王国」の元で、人々が法により生命の安全と秩序が保証された日々を送る中、殺人はなにより重いタブーとされていた。

とある街で警備兵をしている青年・釐於子(リオス)は、雨の日に倒れていた人影を見つけ介抱する。

その首には、重罪人に嵌められる枷がつけられていた…。

架空の世界を舞台としたシリーズ漫画、『楽園に還れ』第2章の、1話目になります。

1章を飛ばしてここから読み始めても大丈夫です。

楽園に還れ 総集編

A5/172P/1000円 2014年8月17日発行

生まれ育った村の風習で、自分の「名前」を持っていない一人の少年。

彼が、村を出て出会ったのは、なぜか自分に興味を持つ猫耳の少年と、既知の友人のように話しかけてきた青年たち。

少年が出会った不思議な人々が語るのは、人が魔法を使い、永遠の生命を持っていた太古の時代の記憶だった…?

架空の世界を舞台としたシリーズ漫画、『楽園に還れ』の第1章総集編です。

ペーパーの4コマ漫画含めて、第1章の、1巻~4巻の漫画全てを再録・修正しています。

どこから読み始めてよいかわからない方は、まずここからどうぞ!

在庫切れの既刊リスト

オフシーズンにクロアチアへいってきました

A5/26P(FC口絵付き)/300円 2014年5月5日発行

2014年2月に行ってきた、クロアチア(+ボスニア・ヘルツェゴビナ+トルコ)の旅行記です。

紅の豚の舞台モデルにもなった、クロアチアの城塞都市・ドブロヴニク。

ローマ皇帝の宮殿がそのまま旧市街になった街・スプリット。

隣国ボスニア・ヘルツェゴビナの、美しいアーチを描く橋がかかる街・モスタル。

東欧の町並みを見たい!という本能の赴くままに旅立ったのはいいのですが、ちょっぴり旅費をケチってオフシーズンの個人旅行を狙ったところ、とてもスリリングで貴重な体験をすることができました。

そんなレポートを含めた、素人旅人のユルユル珍道中的なエッセイ漫画です。

※ 在庫はなくなりましたが、BOOTHでダウンロード販売をしています